借金をする前に

 

借金をする前に

借金問題を抱えないようにするには、借金をしないようにすればいいので、できるだけ借金をしないような対策を取って、もう何も策がないという時だけ借金をするようにしましょう。

借金をする場合は親や兄弟や知り合いなどから借りるよりも、銀行や消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用した方が人間関係を壊さないから、そっちの方がいいと考える人も多いと思いますが、金融会社からお金を借りる場合は利息がかかるということを十分に理解して、どこからお金を借りればいいのかをきちんと考えるようにしましょう。


お金を借りる業者によって利息はかなり異なることになり、借入金額と借入期間が長くなれば、1パーセントの金利の違いでも返済額は大きく変わってきます。

銀行や消費者金融のカードローンの金利を見ると、3%〜と書いているところもあれば、5%〜というところもあれば、8%〜というところもあり、この場合は一番金利が低いところを選べばいいと思う人も多いと思いますが、実ははじめてお金を借りる場合は信用がないため、大抵はそれぞれの金融会社の上限の金利での貸し出しになるケースがほとんどです。

したがってはじめて借金をする時には、それぞれの会社の上限金利を確認した方がよく、そうすることで返済の負担を軽くすることができることになります。


借金の相談は専門の法務事務所へ
参照HP:借金相談・借金の時効に関する相談は大阪の無料相談所へ


また借金をする時には、毎月の返済額が少ない方がいいと思う人も多いと思いますが、返済額を低くするということはそれだけ返済期間が長くなるということで、そうすると同じ金利でお金を借りたとしても、トータルで支払う金額の差がかなり大きくなることになります。

したがって毎月の返済額はできるだけ少ない方が楽ですが、返済が可能な範囲でできるだけ返済額を多くした方が後々借金問題を抱えてしまうリスクを低くすることができます。

だらだらと借金を返済していると、その途中にまたお金を必要な場面が訪れて、多重債務に陥る可能性も高くなってしまいます。

借金問題を抱えている多くの人は、多重債務となっていて、多重債務を回避するためには、できる範囲で毎月の返済額を多くして、1つの借金を払い終わってから次の借金をするというルールを作るようにしましょう。

そのためにも複数のカードをもたないようにすることも、借金問題を抱えないようにする重要なポイントです。


 
コンテンツ